好きなことを好きなだけ

日本語の練習にちょっとつきあって

転コケの時代背景を整理する

捨てネタ

 

 

 

一応チャンネル関連の話ではあるんですけど、

9割5分世界史の話をするので興味ない人は

チョコラブだかナランチャだか描いてればいいんじゃないかな。

むしろそっちに専念したほうがいいんじゃないかな。

私も詳しくないので読む人もあくびしながら読んでください。

なんで調べたかってさっぱり分からなかったからだよ。

おおかたWikipedia先生とこの人に頼りました。

 

 目標は「転生したらコケジン♥女王だった件(転コケ)の話の流れを理解する」です。

 

下準備

①時代背景

「1200年代(13世紀)のモンゴル帝国がすごい」という話。

 

モンゴル一強時代。

youtuberは群雄割拠の時代ですから、

レスリングで言うとこの吉田沙保里とか、

体操でいうとこの内村航平とか、

ハンマー投げでいうとこの室伏広治みたいな感じでしょうか。

 

f:id:sweetclover194:20180430161228p:plain

↑がチンギスハンの時代。

 

ところが1227年チンギスハン没後

f:id:sweetclover194:20180430161239p:plain

↑こんな感じでいくつかに分裂します。

なんということでしょう。完全に「12世紀」って書いてますけど13世紀です。

転コケの舞台はこの時代。1290年前後です。

 

②登場人物

なんとなく転コケに沿ってます

コケジンカトン 主人公。バヤウト族の17歳。ガチロリスク水

アルグンカンf:id:sweetclover194:20180430161201p:plain  クソ男。全然関係ない女にブルガンと名前を付け娶った人。すぐ死ぬ。転生してすぎるになった(?)

フビライハンf:id:sweetclover194:20180430161218j:plain おじいちゃま。『元』で一番えらい。

まるこぽーろ ヴェネチア人。フビライハンに仕える。お供の犬。

ブルガンカトン(本物) この話のトリガー。バヤウト族。この人が死なないと物語が始まらないはずだが、青髪の横にいるお前は誰なんだよ。なんで悪役ポジションにいるのかも謎。

イル・ハン国のむすめ  ブルガンカトン(偽物)。 設定がふわっとしてる。shu3「誰だ」

 

 

関係図

f:id:sweetclover194:20180430161247p:plain

まるこぽーろはフビライハンのところで17年ほどバイトしてます。

コケジンは最終的にアルグンカン(クソ野郎)f:id:sweetclover194:20180430161201p:plainの息子(カザンハン)とくっつきます。

 

 

本編

f:id:sweetclover194:20180430161239p:plain

①舞台はイルハン

 王妃ブルガンカトン(本物)が死にます

 彼女の遺言により、クソ野郎アルグンカンf:id:sweetclover194:20180430161201p:plainは次の妻をバヤウト族の女性にしようと考えます。

 この時点ではまだ彼f:id:sweetclover194:20180430161201p:plainはクソ野郎ではありません。

 

 

②でもイルハン国にバヤウト族の女の人いなかったんですよね。

 バヤウト族は元々『元』の国の方にいる人たちだからです。

 そこで、『元』のフビライじっちゃまf:id:sweetclover194:20180430161218j:plainに「バヤウト族の嫁送ってくれ」と手紙を出します。

 

 

フビライじっちゃまf:id:sweetclover194:20180430161218j:plainは嫁候補にコケジンを選出。

 まだ見ぬクソ野郎おうじちゃまf:id:sweetclover194:20180430161201p:plainを目指して、コケジンの長い旅が始まりました。

f:id:sweetclover194:20180430161252p:plain

ここまでがこんな感じ。

(コケジンはこの時点では誰ともくっついてないので、家系図の使いまわしは失敗でしたね...)

 

 

イルハン国に辿り着けないコケジン

 陸路で向かおうとしましたが、途中戦争に阻まれて引き返すことになります。

 「一年くらいたらい回し」の部分。

 そこで登場するのがまるこぽーろ。

 船(海路)でヴェネチアに帰ろうとしてたので、

 f:id:sweetclover194:20180430161218j:plain「寄り道ついでにコケジン送ってやってくれよ!」

 ということで、送迎することになりました。

f:id:sweetclover194:20180430161257p:plain

さすがにイタリア(ヴェネチア)の場所は分かりますよね?

 

 

コケジンは海路でおうじちゃまを目指しますが、

 ここで当のおうじちゃまアルグンカンf:id:sweetclover194:20180430161201p:plainがやらかします。

 

全然知らん人に元嫁の名前を付けて妻にする。

 

 転コケ最大のクソ野郎ポイント。

 設定がふわっとしている青髪美少女ブルガンカトン(偽物)に、

 コケジンの居場所(予定)が奪われてしまいました。

 

 

⑥まるこぽーろと海を旅して3年。

 コケジンは悲願のイルハン国に到着しました。

 ここで急展開。

 なんとおうじちゃまf:id:sweetclover194:20180430161201p:plainは到着2年前に死んでいました。

 な、なんだってー。

 

 

おうじちゃま亡き後、おうじちゃま弟がイルハン国の王に。

 コケジンはおうじちゃまの息子カザンハンの嫁になります。

 いいのか、それで。

 

⑧おうじちゃまの息子カザンハンが反乱。

 おうじちゃま弟を倒し、王位につきます。

 晴れてコケジンは王妃となります。

 いいのか、それで??

 同年、コケジンは25歳の若さでこの世を去ります。

 

 

 

まとめ

イルハン国で王妃ブルガンカトン(本物)死没。

 王アルグンカンがバヤウト族の新しい妻を求める。

②『元』のフビライハンに嫁要求。

フビライハン、コケジンを嫁候補に選出。陸路でイルハン国に向かう

④コケジン陸路断念。マルコポーロと海路でイルハン国に向かう

⑤アルグンカン、ブルガンカトン(偽物)を妻に。

⑥コケジンがイルハン国到着。アルグンカンは死んでいた

⑦アルグンカン弟が王位に。

 コケジンはアルグンカン息子(カザンハン)の妻に

⑧カザンハン反乱により王位に。コケジンは王妃に。コケジン死去。

 

 

年表

1286 ・ブルガンカトン(本物)死去。

   ・アルグンカン、元のフビライハンに使者を送る

   ・フビライハン、コケジンを嫁候補に選出

1288 ・コケジン陸路にてイルハン国を目指す。

    8カ月後断念し元に引き返す

1290 ・マルコポーロの船でコケジンがイルハン国を目指す。

   ・アルグンカンがブルガンカトン(偽物)を妻に。

1291 アルグンカン死去。アルグンカン弟が王位に

1293 ・コケジンがイルハン国に到着。

    アルグンカン息子(カザンハン)の妻に

1295 ・カザンハンが反乱、イルハン国の王位に。

    コケジン死去。

 

 

 

 

 

こんなとこでしょうか。ほんとわかりにくいな。

ほんとは「なんとかハン」「なんとかカン」の表記統一したほうがいいんでしょうけど、すぎるがごっちゃに扱ってるのでそっちに合わせておきました。

 

参考は

Wikipedia先生の各モンゴル関係ページと

【モンゴル史】マルコ・ポーロがイランまでお供した女性コケジン・カトン(宇野伸浩)

とかなんとか

 

蘭たんが途中言いかけた「アンチャーテッド」は、

作中でマルコポーロの痕跡を辿るんですよね。

過去2回蘭たんが実況してるので、よかったらどうぞ

アンチャー・ジョーンズ part1 - ニコニコ動画

【実況】 アンチャー・ジョーンズ/砂漠に眠るアトランティス part1 - ニコニコ動画

実況見ただけでアンチャーテッドシリーズ全般に詳しいわけじゃないので全然知らないです。

 

こんなとこまで読んでる人もまあいないと思いますけど、

転コケの続きはまあ来ないでしょうし、

これこそが人生における無駄な知識、トリビアです。

この記事読んでた時間でナポリの動画が2個見れたね。

お疲れ様でした。

 

疑問点や説明不足、相違、記事消せなどがありましたら

コメントかtwitter@eating_ohakaまでお願いします。