好きなことを好きなだけ

日本語の練習にちょっとつきあって

すぎるの動画をすぎるライトユーザーが見た感想

すぎるの印象最悪だった私が、すぎるいいじゃんと思うようになった話。

 

ほんとついこの前まで全く見なかったんです。

見なかった理由&見るようになった経緯は後述するので、

往年のカーズ様並みに暇を持て余してたら読んでほしいです。

 

見るようになったのは去年

 

 

で、単騎実況見てまず思ったのは

めっちゃ魅力に溢れた実況者だなってことです。

人気実況者には人気実況者といわれるだけの理由がある。

そう思いました。

知らんけど。

 

まだそんなに見てないんですけど、

ほぼ見た順にUndertale、ガールズモード、自動車教習所、パックマンMOTHER3MAFIA、時オカ、どう森、ゆめにっき。あと羅刹、超魔界村、わけわからん単発。

あれ?意外と見終わってる。

グループ実況は全部見てますね。

そもそもグループ実況がなければすぎるの動画は見てないと思います。

 

 

肝心のすぎる歴約半年のライトユーザーが個人的に感じた魅力なんですけど、

①リアクションが分かりやすい

②編集が丁寧

③考察が鋭い、愛情深い

ということ。

 

 

①リアクションが分かりやすい

分かりやすく詰み、分かりやすく怒り、分かりやすく喜び、そして分かりやすく詰む。

見ていていっそ清々しいです。

実況者が今何を考え、何を思いながらプレイしているのかが透けて見えます。

 

②編集が丁寧

やり直しの部分はカットし、時折字幕を入れる。

割と昔の(垂れ流し実況が多かった頃の)実況もそうなので、心配りの程がうかがえます。

投稿頻度が高いのに、動画のテンポが良く冗長でない。

視聴者にとってはうれしいやらありがたいやらです。

また、投稿者コメントの「この動画の前半は道に迷っている、下ネタが多い」等の気遣いによって、見る側はある程度事前に心づもりをしてから動画に臨むことができます。

 

この2点から感じたのは、

視聴者に退屈感を抱かせたり、イラつかせたりさせないための先手のフォローがすごい。

ということです。

視聴者に負の感情を抱かせる根源を、様々な要素でカバーしているすごさがあります。

しらんけど。

 

 

③考察が鋭い、愛情深い

特に心に残ったのが、MOTHER3MAFIAの終わり方(エンディング)についてのコメント。

はちゃめちゃなプレイをしているけど、しっかりストーリーは把握し、登場人物の行動について想いを寄せ、彼なりの考察を組み立てているんだと思わせられました。

もちろん「考察」というもの自体が、そもそも人の分だけあると思うので、同意するかどうかは別の話です。

でも、自分のストーリーに対しての考えを視聴者に共感させるだけのトーク力が、すぎるにはあると思うんです。

こういう所を根拠にしてこう思った。

まっすぐ見てる側に伝わるので、思わず心をつかまれるし、舌を巻いてしまいます。

 

また、登場人物に対する愛情深さ。

こいつ感情がないちゃうんか!?と思う部分もたまにはありますが、

それでも根はいいやつなんだろうなと慮られる言動があちこちで見られます。

ゲームをゲームとして捉えてはいるけど、ゲーム内の人物を、登場NPCとしてデータで見てるのではなく、登場人物として、一介の人間として向き合ってるのかなと思わせられます。

何言ってんだ私?

 

 

 

 

 

 

 

以下、今まで見なかった理由です(長い)

 

これ、すぎるも夜会で似たようなエピソードを話してるんですよね。

なので、たぶん実況視聴者あるあるなんでしょう。

 

すぎるのしんすけへの第一印象とちょっと似てるんです。

夜会47:15から。ここ突き止めるためにわざわざ夜会聞き返しました

 

 

それで、私

 

 

 

 

 

 

 

 

シュシュさん信者だったんです。

 

 

もう、たぶんこれだけで往年のすぎるファンの方、いくらかお察しされたんじゃないでしょうか。

 

まあ精神的に子供だった私が、勝手に陰キャダークサイドに堕ちただけなんですけど。

 

今もシュシュさんは信奉してます。シュシュさんの良さはもう私語りきれないので、一旦ここは割愛させていただくとして。

 

 

一番のきっかけはたぶんこれ?かな

MOTHER2を孤児(みなしご)が初めてやると凄い その13 - ニコニコ動画

 

 

 

 

ある日。

 

いつも通りにシュシュさんのMOTHER2実況を見に行くんです。

 

そしたら、コメントに

 

「すぎる」

 

大量発生。

 

なんやねんこいつ!???

 

 

平和な町で暮らしてたら、

いきなり大都会から観光客どぅわーーーみたいな。

 

シュシュさんの動画って比較的荒れないことで私の中では有名だったので(?)

尚更戦争を知らない、のびのび暮らしてきた町民がパニック状態

 

もし暇を持て余しすぎてドブ底の淀みでラテアートとかはじめてる人がいたら見てほしいんですけど、

コメントのアーカイブ機能で当時のコメントを遡れるんですね。やっぱインターネッツってすげえよ!

 

いや他の実況者の名前コメントなんてそりゃそれ以前にもあったし、

MOTHERシリーズ実況の実況者が他にいることも知ってますよ。

でも、

こんなに突然大挙して来られたことなんてなかった。

 

 

 

そして、過程は覚えてないんですけど、↑の動画を突き止めました。

 

なるほど、これがこのパニックの根源らしい。

この時点で荒らされた恨みを抱いてるので、冷静に見てはないんですけども、

とりあえず諸悪の根源を確認してやろうと。

 

 

どうやらシュシュさんをけなしてるわけではないらしい。

なるほど。よしとしよう。

 

ゆ〜うぃん☆大百科の記事がネタにされてる。

 

 

第2なんやねんこいつ。

 

 

 

そして謝罪芸を素直だなんだと言いたてる視聴者

 

 

ハイ第3なんやねんこいつ。

 

 

 

 

そんな感じで、すぎるの動画を見たのはそれっきりでした。

それ以降もオススメ実況者にはよく名前が上がる人だったし、ランキングにも度々入っていたけど、意固地になって見ませんでした。

 

結局未曽有の大パニックを起こしたのはその時だけだったし、これ以上知りたい方は双方のMOTHERシリーズのコメントのアーカイブでも見てくださいって感じです。

 

 

そして、見るようになった経緯。

 

ナポリ結成のメンバー発表。

すぎるの名前が出たとき、「すぎるかぁ・・・」と思ったんです。

でもとりあえずと思ってグループの動画を見てたら、

偏見を抱き続けていた嫌らしい実況者のイメージじゃない。

すぎるモンペ通り越してすぎるメンヘラも大量発生してない。

視聴者層の憶測に関しては、的を射たことは言えませんけど。

 

とにかくグループ実況を見てるうちに、なんだすぎるやらしいやつじゃないじゃんと思えるようになりました。下ネタじゃなくて。

 

そしてこれも経緯覚えてないですけど、Undertaleからすぎる個人実況見るようになりました。

 

 

 

すぎると蘭たんの仲が良かった時点で運命でもなんでもないんでしょうけど、それでもこういう機会を経てすぎるの個人実況を見るようになったのは、数奇だなあと思います。

 

でもなんとなくなんですけど、たぶんMOTHER2実況を見るのは最後になると思います。

 

とりあえず、シュシュさんはいいぞ。